種類別で見るiphoneの買取相場はいくらくらいか

iphoneが発売されてからこれまで人気は衰えずに多くの人が利用しています。発売当時は1種類しか発売されず選べたとしても白か黒の2色しかありませんでした。その後、画面の大きさが選べるようになったり、ストレージ容量を選べるようになったりと、購入者が自分の使い道を考え購入することができようになりました。ほかのスマートフォンよりも早く新技術を取り込むことで注目を集めています。iphone6sからは指紋照合でセキュリティーを解除する機能が搭載され、今では顔認証システムといった機能を搭載しました。常に新しいものを提案してくることからiphone人気の高さがわかります。今では大手キャリアが取り扱いして競争するほどの人気ぶりです。人気が落ちないので機種変更した時でも古い端末は他のスマートフォンに比べて高値で買取してもらえるので損はしないでしょう。

iphoneを買取してもらう時の注意点

iphoneに限らずスマートフォン全体に言えることですが、買取をお考えの場合は本体に自分のデータが残っていない状態で買取してもらいましょう。個人情報を残したまま買取してもらうと悪用される可能性もあるということです。大事なデータはバックアップをとっておき、本体をリセットします。そしてわすれがちなのがSIMカードです。SIMカードは個人情報がたくさん入っていますので取り忘れのないように、外したらハサミで切り処分するようにしましょう。買った時に入ってきた箱や充電器やイヤホン等の付属品があった方が買取価格は高くなります。買取が拒否される場合も少なくありません。傷が多すぎたり、画面にヒビがはいっていたりすると買取拒否される場合があります。正常に動いていても過去にiphoneを水没させたことがあるかも簡単にわかりますのでその場合安くなってしまいます。

iphoneを買取してもらうなら

iphoneを買取してくれるところはたくさんあります。大手キャリアでは機種変更するときに古いiphoneの機種によって下取りしてもらえるサービスをしていますが、良い点は正常に動いていて画面割れがなければ本体の多少の傷は関係なく一律下取りしてくれるので安心です。郵送での買取をしてくれる業者のほうが高値で買取してくれますが、リスクが大きいのがデメリットです。送ってしまってから査定して買取金額を提示されるのですが、なにかと理由をつけられ最低買取金額より低くなってしまったなど聞くこともあります。買取をやめると返送の料金は自己負担になるため損してしまいます。送る前に金額の問い合わせは必ず取るようにしましょう。そして言った、言わないといったトラブルにならないように会話を録音して残しておきましょう。店頭での買取をしてもらった方が、その日に現金化できるし送料もかからない、対面での対応なので一番手軽で安心できる方法ですね。